出産育児一時金改正-緊急少子化対策

今月(平成21年10月)から平成23年3月末まで緊急少子化対策で、金額が42万円と4万円アップと手持ちの現金が無くても医療保険者から直接病院に支払を払うシステムに変更になりました。

 

これまでの出産育児一時金は後払い制度でしたので、事前に出産費用を持っていないと出産することも出来ないシステムでしたが、暫定措置かもしれませんが効果のある改正だと思います。
なお、出産にかかった費用が一時金の支給額である42万円以下の場合、後日被保険者から請求する事によって本人に差額が支払われるそうです。

 

詳細は厚生労働省のホームページをご確認ください。

社会保険労務士日向寛子
社会保険労務士日向寛子です

対応地区:愛知県名古屋市全域・地元の東郷町や日進市を始め東尾張、三河地区全域

その他地域もフットワークよく対応いたします。ご相談ください。

ひゅうが社会保険労務士事務所
住所:愛知県名古屋市中区上前津2-14-15 第一住建上前津ビル6F

得意分野

■会社設立支援

■助成金申請

■給与計算

■社会保険労務士試験合格支援

■ビジネスマッチング

ブロク用RSSフィード
RSSフィード

blog「日本の社会保険労務士」

受動喫煙防止対策助成金 (木, 12 4月 2018)
>> 続きを読む